江蘇蘇州の相城区、中日(蘇州)地方発展合作示範区の建設を加速的に推進(Press Release Distribution China-The China Box)

Date:2020-06-02 08:39
Share to:
今年4月、江蘇省蘇州市相城区全域が企画範囲とされた中日(蘇州)地方発展合作示範区は、中国において六個ある中日地方発展合作示範区の一つに入選されました。これは、国家レベルでの中日合作区の建設が新たなフェーズに突入したことを表しています。(Press Release Distribution China-The China Box)

ここ2年近く、蘇州市相城区は国家中日合作の戦略的な展開を積極的に実現させ、全面的に中日(蘇州)地方発展合作示範区(以下「合作示範区」と略す)の建設を始動しました。その中で、合作示範区戦略企画、中心区産業発展企画と空間配置企画が相次ぎ完成し、「一核両翼」の空間配置を構築しました。(Press Release Distribution China-The China Box)

2019年以来、相城は北京、上海、東京、大阪などの都市で相次いで多くの投資促進会議を開催し、日本の現地政府、商会協会及び優れた企業と密接につながりました。(Press Release Distribution China-The China Box)

合作示範区の企画過程において、日系企業の需要を十分に考慮し、生活状態、交通状況、サポート事務などに対してグレードアップを施しました。現に、桜の花のテーマパークは既にその建設が始動され、京滬高速鉄道(けいこうこうそくてつどう)蘇州北駅の拡大・改装工事が今まさに進行し、2020年下半期には、グローバルの品質を備え持つ日系ハイエンドサービスエリアも、ここで全面的な建設工事が始動される予定です。合作示範区に高質な産業プロジェクトが集約され、および人材チームの基礎を盤石にするために、相城は「国際化城区」の基準で付属建設を企画し、それを堅持してきました。

相城の次なる一歩は、三年から五年の開発建設を通して、合作示範区にグローバルハイエンドの産業プロジェクト、グローバル新型革新キャリア、グローバルトップクラスの科学研究チームなどを導入することであり、中日産業連動の牽引区、中日革新合作の先駆区、中日人文交流の融合区を全身全霊で建造し、蘇州市の中で「中国新時代対外開放示範区」の最先端を行く存在になるよう目指します。
Read More