重慶武隆:雲の上の「論道」グリーン発展 (China Newswire-The China Box)

发布日期:2021-08-26 01:34
分享到:
8月13日、中国農工民主党中央委員会、重慶市人民代表大会常務委員会が共同主催した2021中国·重慶(武隆)グリーン開発実践フォーラムが重慶市武隆区仙女山で開催された。国内の有名院士・専門家、業界のエリートは「オンライン+オフライン」を組み合わせた方式で、共にグリーンの発展理念を分かち合い、生態文明建設の実践・革新の新たな道を模索する。このフォーラムは2019年から2回成功し、今回は第3回のフォーラムであることがわかった。 (China Newswire-The China Box)

重慶南西部に位置する武隆、武陵山脈と大婁山脈が交わり、「世界自然遺産地」、「国家全域観光模範区」、「国家級観光リゾート」、「国家5A級観光地区」という四枚の金字看板を持ち、「世界カルスト生態博物館」と呼ばれている。烏江、芙蓉江、仙女山、白馬山、天生三橋、龍水峡地縫など690余りの生態と文旅観光地区の観光地が密集し、武隆の「一洞両江両山」の観光構造を形成した。ここ数年来、文旅融合の発展構想を絶えず広げ、白馬山「空飛ぶキス」、怠惰ダム大地芸術公園、樹頂散歩、博象美術館、帰原小町などの文旅プロジェクトを相次いで建設した。張芸謀チームが作り上げた「印象武隆」の大型山水実景公演は、観客が自然の実景の中に身を置いて大自然の壮美と巴蜀の大地独特の風土を体験させ、2012年の公演から、累計公演は2900回余りで、観劇者数は370万人余りに達した。今、武隆旅行は国際化と高品質化に向かっている。 (China Newswire-The China Box)

昔の「貧しい村」は今日の「この世の仙境」になった。 (China Newswire-The China Box)
仙女山観光地区

 (China Newswire-The China Box)
阅读更多文章