第6回世界インターネット大会が烏鎮で多くの成果が登埸した

发布日期:2019-12-31 21:52
分享到:
第6回世界インターネット大会が10月20日から22日に、浙江省烏鎮で開催されました。

大会期間中、全世界83カ国と地域から来た約1500名のゲストは烏鎮に集まり、「知能的相互接続開放協力——手を携えて共にネットワーク空間運命共同体を建設する」のテーマをめぐって、ネットワーク空間の発展の大勢を論じ、情報技術革新の成果を展示し、ネットワーク空間の開放協力の道を検討した。

世界インターネット大会「インターネットの光」博覧会は10月18日から22日まで開催され、五大陸の38の国と地域から601の企業が出展し、その中に107の海外企業と機関があり、前回より3割増加した。15項の世界のインターネットリードの科学技術成果は今大会で成功に発表し、モデルリード効果を形成した。

全世界に輝く,15項目の世界インターネットの科学技術成果は、浙江省烏鎮で開催された。第6回世界インターネット大会で発表され、これらの成果は人類の生活、科学技術の進歩、経済発展、社会変革に大きな動力を与えることが期待されている。
浙江省烏鎮で21日に撮影された、インターネットの光博覧会の会場。

来場者が21日、浙江省烏鎮のインターネットの光博覧会で、ARゴーグルを体験した。


第六回世界インターネット大会は世界に向けて数百の科学技術成果を募集し、人工知能、5G、ビックデータ、クラウドコンピューティング、デジタル製造、工業インターネットなどの分野に焦点を当てた。

インターネットの光エキスポの会場に展示された5G技術による遠隔運転システムだ

インターネットの光博で展示されたピアノを弾くことができる5Gのロボット

以上の文章,写真は新華網よりです。